数学愛好家

数学は知識の道具であるだけでなく、他の知識ツールの源泉でもある。すべての研究シーケンスと測定の科学は数学と関係があります。

変数が無限大になるときの関数の限界の定義 「x->∞のとき、関数の値f(x)は一定の定数Aに無限に近いものである。 ここでの無限接近とは、x->∞の間に(少なくとも)数値軸上のある点xの後にAに近づく関数の値を指す。 は、xの絶対値が絶対値より大きいほど、絶対値がAに近いことを意味します。 では、なぜ下の式子が成立するのでしょうか。 私は理解していますが、後ろから前に出てくると、必ずしもそうではないと思います。 例えば限界値が6であれば x=3では関数値が5であると仮定します。 x=-4では、関数値が4であると仮定します。 |x|->∞の場合(絶対値が3->-4で、絶対値が3->4の場合)関数の値は限界値に近い値にはならない6 変数が無限大になるときの関数の限界の定義とは こんなことができますか? 例を挙げてみましょう x=1,2,3,4の場合、関数値は3,4,5,6 (極限値10に近い) x=-1,-2,-3,-4の場合、関数値は2,4,6,8(または2,3,4,6)であり、10の極限値に近い 厳密には|x|絶対値が大きいほど限界値10に近い このようにして、関数f(x)はまだ->Aとしてカウントできますか? lim f(x)=A -------------------- 限界10に向かって"紆余曲折"も