どうして等品質の亜鉛粉と鉄粉は質量が等しい、溶質質量の点数が同じの希硫酸中鉄で発生する水素が多いですか? なぜ等品質の亜鉛粉と鉄粉を同じ品質点数の希薄硫酸中鉄に入れると水素が多く発生しますか?

どうして等品質の亜鉛粉と鉄粉は質量が等しい、溶質質量の点数が同じの希硫酸中鉄で発生する水素が多いですか? なぜ等品質の亜鉛粉と鉄粉を同じ品質点数の希薄硫酸中鉄に入れると水素が多く発生しますか?

0

鉄の粉と銅の粉の混合物の14 gを、116.2 gの希塩酸の中に入れて、ちょうど完全に反応して、この時ビーカー内の各物質の総括的な品質は129.8 gです。 上記の希釈塩酸を配合するには、品質点数が36%の濃塩酸(密度は1.19 g/cm 3)の体積が必要ですか? 過程と分析を書き出して、むやみに複製しないでください。

0

鉄の粉と銅の粉の混合物の14 gを、116.2 gの希塩酸の中に入れて、ちょうど完全に反応します。この時ビーカー内の各物質の総括的な品質は129.8 gです。 1.水素が発生する品質はいくらですか? 2.もとの混合物の中で鉄の粉の品質の点数か?

鉄の粉と銅の粉は希塩酸を添加した後、鉄と塩酸が反応して塩化亜鉄と水素を生成し、銅は塩酸と反応しません。質量保存故m(鉄粉+銅粉)+m(塩酸)=m(塩酸)=m(塩溶液+銅粉)+m(水素)だからm(水素)=14+11

鉄の粉と銅の粉の混合物の14 gを、116.2の希塩酸の中に入れて、ちょうど完全に反応します。この時ビーカー内の各物質の総括的な品質は129 gです。 鉄粉と銅粉の混合物14 gを116.2の希塩酸の中に入れて、ぴったりと反応します。この時、ビーカー内の各物質の総品質は129です。 鉄の粉と銅の粉の混合物の14 gを、116.2の薄い硫酸の中に入れて、ぴったりと完全に反応します。この時ビーカー内の各物質の総括的な品質は129.8 gです。求めます: 1.もとの混合物の中の鉄粉の品質点数。 2.上記の希釈硫酸を配合するには、品質点数36%の濃硫酸(密度は1.19 g/立方cm)の体積が必要です。 3.反応後に得られた溶液中の溶質の質量分率。 むやみにコピーしないでください

反応前の総質量14+116.2グラム=130.2グラム反応後のビーカーの品質は129.8グラムで、前後の品質は130.2-29.8=0.4グラム減少しました。銅は活発ではないので、酸と反応しないです。したがって、一つの反応はFe+2 H+=H 2です。水素0.4グラムを生成します。Fe 11.2グラムが必要です。硫酸19.8グラム、Feグラムの品質点数=5.6/

10 gの鉄の粉と銅の粉の混合物を十分な量の薄い硫酸のビーカーの中で入れて、十分に反応した後に、ビーカーの中の物質の総括的な品質は反応の前の金属の混合物と薄い硫酸の総括的な品質に比べて0.1 g減らして、もとの混合物の中で銅の粉の品質の点数を求めます。

生成した水素の品質は0.1 gで、反応に参加する鉄の品質はx.Fe+H 2 SO 4═FeSO 4+H 2↑56です。             2 x         ...

亜鉛粉末、アルミニウム粉末、鉄粉末、マグネシウム粉末の混合物3.8 gと一定の質量溶質の点数が25%の希硫酸がぴったり反応し、反応後の混合物を蒸発させて水分を固体(結晶水を含まない)11 gにすると、反応中に水素を生成する質量は()である。 A.0.15 g B.0.2 g C.0.30 g D.0.45 g

題目情報によると、混合物と硫酸はちょうど完全に反応するので、混合物と純硫酸(H 2 SO 4)の質量の和は残留固体と水素の質量の和に等しい。反応前後の硫酸根の質量=(11グラム-3.8グラム)=7.2グラム、純硫酸の質量=7.2 K÷96
98=7.35グラムです。そのため水素の質=硫酸中の水素の質=7.35グラム-7.2グラム=0.15グラムです。だからAを選びます。